カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
コンテンツ

新潟のお米おすすめランキング

「米どころ新潟」と言われる新潟は作付け面積・収穫量ともに全国1位です。代表的な品種は「コシヒカリ」。粘りが強く冷めてもおいしい、どんな料理にも合うお米です。他にも新潟県でのみ生産されている品種「こしいぶき」・「新之助」などは県外の方にも人気のある品種です。 新潟の品種・産地を紹介します。これを機にぜひ味わって下さい。

目次
新潟のお米の品種
新潟のお米の産地
お米の保存方法
美味しく炊く方法

お米の品種

新潟県のお米で代表的な品種は『コシヒカリ』です。新潟産のコシヒカリは粘りがあり、モチっとした食感が楽しめます。香りも豊かで噛めば噛むほどお米の風味が味わえます。
最近ではコシヒカリに迫る人気の『こしいぶき』。コシヒカリに比べると粘りが少なく、さっぱりとした味わいです。また、コシヒカリより安価に購入でき若い世代を中心に人気の品種です。
他にも大きな粒と炊き上りが艶やかさが特徴の『つきあかり』さめても食味が落ちないお弁当にピッタリな『みずほの輝き』などが家庭で親しまれています。
 

お米の産地

 新潟は上越・中越・下越とエリアが分かれていますが、どの地域も特色のあるお米を作っています。特に有名なコシヒカリ三大産地『魚沼』『岩船』『佐渡』が有名です。どの地域も日本穀物検定協会の食味ランキングで『特A』評価の常連です。他にも上越地方解け水で育った『妙高』、食味分析鑑定コンクールで金賞を獲得している下越地方の『阿賀野市』などがあります。


おすすめランキング

8位

新潟県産こしいぶき



さっぱりしとした食味が若い世代に高評価!
B銘柄ですが価格以上の満足感で新潟県内№2の人気品種こしいぶき。粘りが苦手な方、さっぱりとした食感が好きな傾向のある若い世代に好評です。価格も抑えめでコスパ最高のお米です。
詳しく見る

7位

新潟県産ミルキークイーン

モチモチふっくらのお米
食感はコシヒカリよりモチモチしてますが粒はしっかり残ります。古米にミルキークイーンを混ぜて炊けば食味がよくなるとブレンドする方もいる。粘りが強いのが特徴です。
詳しく見る

6位

新潟県産コシヒカリ 

環境保全型農業に力を注ぐ阿賀野市
近頃様々食味コンクールで入賞することが増えてきている「阿賀野市産」。他の産地にも負けない土壌が育っています。「お米は土づくり」という言葉から阿賀野市が再評価されています。
詳しく見る

5位

新潟県産みずほの輝き


粘りは控えめであっさりとした多収穫米
コシヒカリと同等、もしくはそれ以上と評価を受けるみずほの輝き。多収性の為、他のお米より価格が低くコスパが良いお米です。
詳しく見る

4位

魚沼産コシヒカリ

キング・オブ・コシヒカリ!
コシヒカリと言えば「魚沼産」と言われるほどのブランド米。お米の粘り・香・艶が他の産地と比べワンランク上のレベルになります。家庭で食べるのも良し・贈答品として送っても良し、喜ばれる事間違いなしのお米です。
詳しく見る

3位

佐渡産コシヒカリ


豊かな自然環境で作られたお米
朱鷺と共存している佐渡島。その為、環境に配慮した米作りをしています。化学肥料や農薬を控える環境保全の農法で大地・人間にやさしい「安心安全なお米」です。
詳しく見る

2位

岩船産コシヒカリ

リピート率が高い特A米
岩船に流れる「荒川」は名水百選にも選ばれた良質な水。その荒川の水で育つ岩船産コシヒカリは美味しいの一言。お米の特徴は"しっかりした歯ごたえ"です。食べ応えのある岩船産コシヒカリは新潟県内でも人気ですが、関東圏でも人気が高いです。
詳しく見る


1位
新潟産新之助

新潟の米作りの集大成!
米どころ新潟が7年かけて開発したブランド米です。粒の大きさ・しっかりした食感・ほどよい粘りが特徴です。紅白のパッケージが贈答米として高評価でしたが、最近では飯米として『食味』の評価も高まっています。
詳しく見る

 保存方法

お米は生鮮食料品です。
お米は精米されてから徐々に鮮度が落ちていきます。さらに保存状態が悪いと劣化が進みます。密封容器に入れ冷暗所で保管すると鮮度を多少保てます。食べきれる量を購入することをすすめます。
食べきれる期間は、春・秋は1ヵ月以内、夏は2〜3週間、冬は1〜2ヵ月を目安とし消費して下さい。

おいしく炊く方法

1.軽量
計量カップですりきり、しっかりと計る。
2.洗米
水を入れ素早くかき混ぜスグ水を捨てる。
3.研ぐ
お米とお米をすり合わせ円を描くように30回程研ぐ。最近は精米方法が発達している為、一生懸命洗わずやさしく洗うことがポイントです。
4.水の入れ替え
研ぎ終了後、水の入れ替えを数回行う。
5.浸水
夏場は30分、冬場は1時間を目安に行う。
6.水切り
ザルにあけて水を切り、不純物は流す。
7.炊飯
好みの水をいれ炊飯スタート。
8.炊き上り
炊き上り後すぐにお米を返し、お米をつぶさないように空気を含ませながら素早くほぐす。



お米ギフトはコチラ