価格の安い品種の特性を活かした業務用米

価格の安い品種の特性を活かした業務用米

新型コロナウイルスも落ち着き外食産業の皆様に期待している私共お米業界。

巣籠需要で個人のお客様からの注文は増えましたが、やはり外食での消費の方が大きいので是非、元の生活に戻って頂ければと思います。

現在、使用しているお米は適正価格か?

契約のイメージ

現在、知り合いから仕入れている、ずっと同じ業者から買っている方、多いと思います。

別に悪い事ではないのですが一度、価格を見直してみてはいかがでしょうか。様々な業者を比べると色々とお米に対する考えが変わるかもしれません。

同じ品種でも1kg100円以上高い

外食のお店に営業に行った時の話です。こちらのお店はオープンからずっと同じ業者を利用していました。お話を聞くと「新潟産コシヒカリ」使用しているとの事で、弊社も同じ新潟県産コシヒカリを提案したところ、弊社の価格より100円以上高いお米を使用していました。驚きです。1kg100円というと中々です。こだわりのお米を使用しているのかと思えば、普通のお米でした。試しにそのお米をいただき炊いて食べましたが、そこまで価格の高いお米とは言えない品質でした。

業務用のブレンド米を提案

ブレンド米のイメージ

サンプルをお渡しし食べていただいたところ、弊社のお米の方が安いのに美味しい!と言って頂けました。また、チャーハンに使用しているとの事で、新潟コシヒカリでは粘りが強いのでは?と思い、別の品種「みずほの輝き」を提案しました。

※みずほの輝きの特徴はコチラで紹介しています。

価格の割に使用感がとてもイイと評価を頂きましたが、今までにない体験の為、飲食店様もだんだん欲が出てきます。もっとにチャーハンに合うお米を!との事で、弊社でも価格・品質特性を考えて何割〇〇と何割△△とブレンドし提案しました。何回か割合を変えたりして価格と食味に納得して頂けました。

チャーハン米の提案

 業務用米は価格がすべて?

飲食店様にお米の営業を行っている際、一番の壁は価格です。弊社は新潟県ですので取り扱っているのが新潟米が中心となります。なので、関東の飲食店様に提案すると、どうしても同じコシヒカリでも関東産のコシヒカリの方が安いのでなかなか採用されません。サンプルをお送りしても「価格」で採用されません。

こだわる飲食店のお店

コロナ禍・物価上昇で価格は重要なポイントではありますが、こだわるお店はお米にこだわります。例えば、お付き合いのある九州の居酒屋様。送料を考えると現地のお米を使用すればイイと思いますが、新潟米にこだわりを持っていただいてわざわざ注文を頂いています。居酒屋ですので使用量もさほど多くなく割高になってしまいますが、ありがたいことにご利用頂いてます。

店主自らブレンドする飲食店

当店をご利用いただいているお寿司屋さんはコシヒカリとこしいぶきを使用しています。これを店主自らブレンドしお寿司に合うシャリを作っています。また、違うお店ですが古米とミルキークイーンをブレンドしている方もいます。

安くても美味しい業務用米

学生のスポーツクラブの学食に納めているお米は安い業務用米です。そこまで味にこだわらない、大量に消費する為、質より量と言った感じを求めていますので価格に合ったお米を提供しています。決して悪いお米ではなく、古米(年産が古いお米)や余っているお米の特性を活かしながらブレンドしますので、味はそれなり、価格はリーズナブルと好評です。パンも高くなりましたのでご飯をメインのメニューが増え、使用量が増えWinWinな関係と言えます。

業務用米の提案

業務用大手が一番いいとは限らない。

ブレンド技術で有名なお店や「ミシュラン〇〇星店ご用達のお米」などのお米はとにかく高い。それなりの物を使っているのかもしれないですが高いです。コスパが良いとは言えません。

お米以外の所にお金がかかっている

プロモーションや広告費を莫大にかけていますのでお米にその費用が上乗せされますので割高になります。さらに、カッコイイ米袋も高いです。米びつに入れてしまえばカッコイイ米袋も何の意味もありません。お客様の目にもとまりません。

実際に高い業務用米を食べてみた

有名どころの業務用米を注文し実際に食べてみましたが、この味でこの価格?と疑問を持ちました。半額でも同等、それ以上が提供できると感じました。全てを食べていませんので確かではありませんが、自信はあります。

お米の品質は確かか

同じ産地・同じ品種で価格に差が出ることがあります。これはなぜなのか。それは品質に違いがあります。

例えば、新潟米の「新之助」があります。新潟でのみ栽培されている品種ですので、特別なにかをしない限り価格はある程度同じになると思います。しかし、異様に価格が低いショップがありましたので試しに注文してみました。

品質の低い物を混ぜている?

粒の小さい物、割れているものが目立ちます。質の悪い物を混ぜて価格を抑えていると思われます。ブレンド米ならまだしも新之助で販売しているのにこれはがっかりです。新潟米の評判も落ちます。

うなぎ屋の米提案

業務用米をネットで注文

ネット注文

おかげさまで当ショップのサイトを見て注文する方も増えています。メリットとしては、時代の流れでしょうか、頼みたい時に頼む、他に乗り換える時もサイレント。発注側からすると楽なのかもしれません。クレジットカード・スマホ決済なども使えますし、ポイントも貯まります。

寿司屋の米提案

まとめ

価格で選ぶのも、品質で選ぶのも自由ですが、様々なお店がありますので、吟味するのが良いと思います。当店は広告費・プロモーションに費用をかけず、地道に営業していますので価格は抑えめで販売しております。是非一度、お試しいただければ幸いです。

 米杜氏が選ばれる理由

ホテルの高級米

ブログに戻る
株式会社壱成 かがやき倉庫

新潟のお米屋 壱成

1998年開業の新潟のお米屋。新潟・山形・福島米の契約生産者約250の皆様に米の品質向上・食味の安定を求め、産地に合った肥料設計・栽培マニュアルの徹底を行っています。そして生産者から直接お米を集荷し品質に自信を持って契約生産者と共に全国に「おいしい」をお届けしています。

米杜氏公式サイト➡