新潟駅中にオープンした米屋のおにぎり屋「笑ん結」

新潟駅中にオープンした米屋のおにぎり屋「笑ん結」

2024年春に新潟駅が生まれ変わります。

画像出典:https://www.niikei.jp/893834/

170店舗が集まり、通勤・通学だけではなく、飲食・ファッション・生活用品・出会いの場と活気のある新潟の爆誕を目指しています。

お米屋が「おにぎり屋」を出店します

すでにCoCoLo新潟様のプレスリリースで出店する店舗の紹介がでておりますが、なんと私たち、「おにぎり屋」で勝負します。

 

ちなみに店名は笑ん結(えんむす)です。

新潟と言えば「お米」です!県の玄関口「新潟駅」でたっぷりと新潟米の魅力をお届けできたらと思います。

お米屋が監修しますので、お米の特徴をいかし、銀シャリでもおいしい、具とも相性がよい、そんなおにぎりを提供したいと思います。

おにぎり屋「笑ん結」は2階です。

新潟駅2階のマップ

画像出典:https://jenic.jp/cocolo/newopen/

おにぎり屋「笑ん結」は新潟駅の2階にお店を構えます。

※画像①吉野家④笑ん結⑤はっぴ商店⑥Bit Market⑦とんかつ太郎⑧市玄⑨丸亀製麺⑩ぽんしゅ館 コンプレックス⑪スターバックスコーヒー⑫ヴィ・ド・フランス新潟西店⑬ぽんしゅ館クラフトマシンシップ⑭やなぎ庵⑮ニューデイズ新潟西

惣菜・イートインが集結する「ニシデリストリート」。牛丼の吉野家さん、うどんの「丸亀製麺」、など全国でも有名なお店から、私共新潟のソウルフードのお店が出店いたします。

気になるおにぎりのラインナップ

 

※画像をタップで拡大できます。

どんなおにぎりがあるのか楽しみではありますが、まだまだ非公開です。私の所まで情報が降りてきません。20種類ほど具があるとかないとか。

使用するお米の品種もわかりません。王道の「新潟コシヒカリ」なのか、新ブランド米「新之助」なのか。それとも冷めても美味しい「みずほの輝き」。お米屋ですのでおにぎりに適したブレンド米でもありかと思います。

いずれにしろ楽しみは無限大です。

使用するお米は新潟の新ブランド米「新之助」です。さらに特殊な冷蔵庫に入れ氷温熟成をして旨味を高めたお米を使用します

具材も王道なものから変わり種まで用意しました。

※オープンして間もないので一部の商品はまだ店頭にはございません。

CoCoLo新潟が生まれ変わる

 いずれにしても、新潟の一大プロジェクトだとおもいますので、ワクワクと共にイイ波に乗れたらうれしいです。

おにぎり屋「笑ん結(えんむす)」を宜しくお願い致します。

インスタグラム

 

ネットでの評判

お米の通販なら米杜氏オンラインショップ

笑ん結の運営会社「株式会社 壱成」は新潟のお米屋です。

そのお米屋の通販サイト「米杜氏オンラインショップ」では新潟米が購入できます。

自分用・ギフトにご利用いただけますと幸いです。

ブログに戻る
株式会社壱成 かがやき倉庫

新潟のお米屋 壱成

1998年開業の新潟のお米屋。新潟・山形・福島米の契約生産者約250の皆様に米の品質向上・食味の安定を求め、産地に合った肥料設計・栽培マニュアルの徹底を行っています。そして生産者から直接お米を集荷し品質に自信を持って契約生産者と共に全国に「おいしい」をお届けしています。

米杜氏公式サイト➡